4月25日はギロチンが正式に処刑道具として認められた日です
ですので本日はギロチンの雑学を

ギロチンでは即死しない

ギロチンとはもともと、処刑者に苦しみを味合わせずに即死させる
平和的処刑方法として発明されたのですが
ある科学者が実際にギロチンをされた際に即死するかを
自身の身を使い実験しました
実験方法はギロチンで処刑されたあといつまでまばたきが出来るかというもの
実際に30秒前後瞬きをおこなうことができたそうです。

他にも実験を行ったときには被験者に瞬きの回数でYES,NOを回答させ
ギロチンが痛いかという質問をしたところ痛かったそうです。

ついでの雑学

ギロチンのマジックのタネは支え台にも別の刃が隠されている

小さい頃ギロチンマジックマジックとわかってもさっぱりタネがわかりませんでした