年々結婚する人の割合が減っていると、よくニュースや世間が騒いでいる
結婚しなくなった理由でよく聞くのは
結婚するメリットがなくなったという話を耳にする
私は、どうにもその真意はここにないのでは、ないかと思う

逆に考えてみたとき、昔の人はメリットがあったから結婚したのだろうか
もちろん、政略結婚や家柄同士の結婚というのは、今以上に多かっただろうが
それでも、結婚した人の割合からすれば微々たるものであったと思う
それに対してそれ以外の理由で結婚した人達の理由の多くが
メリットがあったとは思いにくい。

例えば、よく上がる話として、家事負担が現在のほうが楽になったという話だが
昔の人は家事をしてくれる人が欲しくて結婚したのだろうか?
確かに現在に比べて家電も少なく、コンビニもない時代だが
逆に女性の面倒を一生見ていかなければいけないという観点からすれば
現在以上に結婚とはハードルの高いものだったのではないだろうか
そう考えると、結婚のデメリットは今以上に大きかったのではないだろうか

そして、この議論の時にいつも抜けていると思われるのは
結婚は本来一人でするものではないということだ
男がどう思うとしても、実際女性が同意しなければ結婚はできないということだ
その点で、女性の権利は年々大きくなっている
これによって、昔に比べて、結婚を拒否する権利ができてしまったことにより
結婚率が下がっていったのでは思う

しかし、それ以上に思うことは、結婚に対しての感覚が
昔と変わってきているのではないだろうか
現代の置いて、大体の人は小さいころから、TVか本を目にしている
そして、それらには自由な恋愛、情熱的な恋愛
プラトニックな愛、純愛、愛のあふれる結婚、本当に好きな相手と結ばれる
そんな思想の恋愛像であふれている

そんな中、昔から、実際にそんな恋愛をしていた日高どの程度いただろうか
はるか昔より、打算で結婚した人のほうが、おおかったのではないだろうか
にもかかわらず、誤った幻想を子供のころから植え付けられた人たちは
結婚に対してただ理想ばかりを求めて、
本来の結婚像を忘れてしまったのではないだろうか

本来の結婚は愛よりも、家と家の結びつき、子孫繁栄の効率のいい
家庭同士の吸収合併これが大半の結婚んだったのではないだろうか
それよりも自由恋愛を優先してしまえば、
結婚率が下がってしまうのはしょうがないのではないだろうか

もし、結婚にメリットや理想の恋愛像を思う人がいたら今一度考えてほしい
本当に理想の異性などこの世にいるのか
いたとして、あなたのことを好きになるだろうか
あなたはその愛にこたえる覚悟はあるのか

メリットだけで結婚を考えている人は考えてほしい
あなたは、そのメリットを相手にあたえることができるか
相手の感じるメリットはなんなのか
あなたが求めるメリットをくれる人は、この世にいるのか

別に無理して皆、結婚してほしいとは思わない
したい人だけすればいいと思う
ただ、結婚しない理由に、メリットがないからとは言ってほしくはない
日本で子供を作ろうと思うなら結婚していないとうまくは生活できないし
子孫繁栄、遺伝子を残すことは生物として最も大事なことなのだから

これを書いている私はどうなんだと思ったかた

そんな周りを気にしないで、あなたの本当の気持ちだけを考えてほしい
未来のあなたにどうしてほしいのか聞いてほしい

そこに答えがきっとある