結構長いこと格安SIMに変更してから時がたつ
色々不便があるかと予想していたが、そんなことはなく
特段困らずに使えている。

先日大手キャリアの解約トラブルの記事を読んだときに
私もキャリアからキャリアへNMPをした時にちょっとした
トラブルがあったことを思い出した

当時スマートフォンが世に台頭してきた時代で
iPhoneもまだ3だったころ、友達がiPhoneを使っているのをみて
なかなか便利で使ってみたいと思っており
その時はソフトバンクしかiPhoneを取り扱っておらず
AUユーザーであった私は機種変更をしようかどうか悩んでいた
だんだんと解約金は下がってきているが、昔は非常に高額であった

そんな中、友人が携帯ショップで働いており
丁度キャンペーンがあり、実質無料でiPhoneが手に入り
かつ、色々プレゼントももらえるのであった
せっかくの機会ということもあり思い切ってiPhoneに購入変更をすることにした
わざわざ、友人の部下が訪問してきて、手順をゆっくりと説明しながら
あれやこれやと手配を進めていたなかで
NMPのため、AUに連絡をする必要が発生した
方法は電話をかけ、ただ番号をもらうだけでよかったのだが
ここからが非常にめんどくさかった

NMPの依頼をした後に、タドタドしい感じの担当者より
「番号発番まで時間がかかるので、アンケートにお答えいただけますでしょうか?」
と言われ、別に断る必要もなかったのでかまわない旨を伝えると
どんどんと解約の理由を聞かれる
「なぜ機種を変えるのですか?」
「iPhoneンを使うとおサイフケータイがつかえないですよ」
「今まで貯めたポイントが無駄になりますがいいでしょうか」
と・・・・・

まだ、ちゃんとしか感じで聞かれていれば、不快ではなかったのだが
明らかに担当者の話口調が、何かの書類を読んで話しているのだ・・・・
しかも、何も考えずに話しているので、同じ話を何回も繰り替えす
そもそも、そういったことを何カ月も検討して今話しているのに

流石に我慢できなくなって、「ちょっと、しつこいからやめてもらってもいいですか」
と怒ったところ、「では最後に一つだけよろしいでしょうか・・」
とそのままこちらの意向を無視して同じを話をしだした・・・・・

ここまでくると私もブチ切れで
「いい加減にしろ、そもそも番号の待ち時間で話していただけだから
別に話をしなくてもいいよな、
不愉快なのでこれ以上、あなたの回答には一切答えません」
ここまでいってようやく、白々しい感じで
「ああ、お待たせしましたNMP番号出ました」
と言い出す始末、おい嘘つけと、番号なんて一瞬でてでるんだろと
と心で思ったがさすがに口には出してなかった

ちなみに、このやり取り聞いていた、目の前の担当者はかなり引いていた・・・

今でも、ネットを見るとNMPや解約でトラブルが起きているようだ
解約してほしくない気持ちはわかるが、
各キャリアとも、現状の契約内容を見直してほしいものだ