百円の恋

本日は映画のレビューです

安藤サクラさん主演の邦画です。
ストーリーはニート同然だった主人公の女性が
姉妹のでもどりをきっかけに一人暮らしをスタートさせます
生活をさせるために100円ショップでバイトをし
そこでボクサーと出会い、恋をして、恋に破れ
そしてそれをきっかけにボクシングを始めるという話しです。
大雑把に言うと底辺の女性が這い上がっていこうとする話しです。

登場人物の演技が全員レベルが高く脚本もよく非常にレベルの高い映画でした
ラストシーンはかなり感動的でした

 

既に結構ありますがここから先はネタバレ気にせず書いていきますので
ネタバレがいやな方はここで帰ってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番の見所ですがやはりラストシーンです
途中、主人公一子には様々な苦難が降りかかります
恋人にふられ、強姦され、仕事環境のバイトもろくでもない
ずっとフラストレーションがたまり続けます
映画を見ている人間もラスまでに向かってどんどんフラストレーションがたまっていきます
そんな中ラストの一子のデビュー戦に向けて
一子はひたすらにボクシングに向けていきます。

ちなみにこの映画で実際に主演の安藤サクラさんはラストシーンに向けて
相当絞り込んだそうです
見終わった後に思わずオープニングシーンを見直しましたが
同じ人間かというぐらい体系が異なっていました
鈴木良平さん、ロバートデニーロさんを想像するぐらい非常に優秀な女優さんと感じました

話しがそれましたがラストのボクシングの試合結局負けてしまい
一人ボクシング会場をでる一子そこで
恋人が待ちかまえており一子は本音を吐露します
「勝ちたかった、一度くらい勝ちたかった」
泣きながらずっとそう叫び続けます

このシーンに心打たれた方はたくさんいたでしょう
自分に置き換えて人性で勝った経験がある人というのは少ないのではないでしょうか
極端な話し、同い年の人で一斉にマラソンをやれば
単純計算7割の人は結果に満足するのではないでしょう
ただ、そんな機会はないし
実際に日々生きていく中で個人で何かの結果が出続けることは少ないですし
勝ち負けという単純な結果がでることは少ないでしょう
更に勝ち負けが出るといっても
単純に1位になる人はほとんどおらず
勝利の余韻に浸れる人は本当にわずかだと思います
そういった中で、改めて価値にこだわり何かに挑む人が少ない中で
主人公の一子はボクシングという勝負の世界に飛び込みます
そしてその結果負けてしまいました
その中で
「一度くらい勝ちたかった」
という台詞を叫びます。
この台詞を聞いた人の中で
自分は勝ってるから関係ないといえる人はどれぐらいいるでしょうか
ほとんどいないでしょう

私はこのラストシーンを聞いたときに
長いことでまったく勝っていないなと思いました
というより大人になってから勝負事で勝った経験がほとんどない
簡単なゲームぐらいではありますが
自分が必死に挑戦して、勝ったと思えることになるともうまったくありません

そこで更におもったのは勝つことより
本気でチャレンジすること事態がほとんどない
日々だらだらとすごし、本気でチャレンジしたと思えることはほとんどない

最近本気になっていない人ほど見てほしい映画です

ただ、今いる自分のポジションはもしかすると他の誰かから奪ったポジションなのかもしれません
自分が勝利者かどうかはわからないだけでもしかしたら本当は多くの人は勝利者かもしれません

魔女の宅急便実写映画感想

昨日の投稿で読んだマンガ邦画プレゼン女子高生に記載があり気になったので早速FULUで見てみました
ネットの前評判を昔呼んだことがあり
結構評判が悪かったので期待していなかったのですが
かなり楽しむことができました
というより、特別叩く要素が見受けられなかったです

ネットで読んだよく叩かれていた要素としては
・CGがしょぼい
・ストーリーが違う
・世界観が違う
こちらが多く合ったように思います

そこに関してはいくつか反論がある

・CGがしょぼいに関しては
これを見た人達がどこまで期待していたのかと聞きたいのですが
邦画としては結構レベルが高めのCGでした
ハリーポッターのようなハリウッド映画と比べれば
レベルが高いとはいえないですが
この映画はもともとCG的なものでいうと
空を飛ぶシーンぐらいしかつかわれていないので
この水準であれば十分問題がないとおもった
冒頭の魔女の村も雰囲気が出ており
これ以上求める人は映画でなくて最新ゲームでもやってればいい

・ストーリーが違う
これをいっている人はおそらく宮崎駿監督の魔女の宅急便と比較しているのだろう
そもそもあれ自体にも別に原作の話しがあり
そちらはそちらでまた違ったものがある
あくまでこういったものの原作は素材であるので
そこを忠実に再現することを目指すよりは
2時間の映画の中でうまくまとまっているかどうかのほうが重要になっている
そこを重要視するとこの作品のメインテーマは
魔女キキの成長の物語なので
キキの成長という点で非常に良くまとまっている

・世界観が違う
もともとの魔女の宅急便は海外を舞台にしているが
この実写版の映画では日本の離島(小豆島)が舞台になっており
登場人物は基本日本人でやっており
世界感のイメージが離れているという人がいるが
これに関しては予算の制限もあり日本人が作成するということを考えれば
変に海外で無理やり撮影し予算配分を間違えて失敗するよりもの
あるものの中で配分してやっており
そこの落しどころとしていいバランスであったと思う
昭和の日本が舞台のようなノスタルジックな雰囲気で
魔女の宅急便の世界観としてうまくマッチしていたとおもっている

さてその上で私独自の感想として
上でも書いているように魔女の宅急便は
キキの成長物語なので主人公の演技力もあり
また限られえた予算と時間の中で非所によくまとまっており
優秀な作品であった
ただ、YURI演じるタカミカラというキャラクター
このキャラクター一番盛り上がるシーンで唐突に歌いだすのだが
流れが唐突すぎてついていけなかった・・・・

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん 服部昇大

本日はマンガのレビューです
私の大好きな服部昇大先生のギャグマンガです

ストーリーは広告の部活で映画を語り合うだけの
「映画を語り合う若人の部」という部活の日常を描いた物語です。

基本は進入部員の邦吉映子が邦画のレビューを御子運だけの作品です
これだけだと何が面白いのかピンと来ない人も多いかもしれませんが
この映画で取り扱われる作品のほとんどは
世間の評判が悪い作品、問題作がほとんどなのです
更に主人公はその作品に対して基本的ほめまくります悪口はほとんど言いません

おそらくあなたもこのマンガを読めばその映画が見たくなるでしょう
私もほとんどの映画を一回見てみたくなりました

ほとんどFULUにある映画だったので
FULUに契約していて何か見る映画を捜しているのであれば是非買ってほしいマンガとなります。
ちなみにこのマンガ現在amazonでは電子書籍のみの扱いとなります・・・・・

私がレビューを書いたデビルマンも単行本おまけとして書かれています

スターウォーズ

前からずっと見ようと思っていたのだが
なかなかタイミングがなくずっと見ていなかった
表題の映画スターウォーズをついに見た

スターウォーズを見るにあたってずっと踏ん切りがつかなかった理由として
一番大きかったのはいくつから見るか悩んでいたのだ

スターウォーズを見たことがない人でも知っていると思うが
スターウォーズは先日でた7作目やスピンオフをのぞけば全6作品
その6作品はエピソード1~6とナンバリングされているのだが
放映順番で言うと
4→5→6→1→2→3
という順番だが
物語の順番で言うと
1→2→3→4→5→6
となっている
なので6作品がリリースされている現在では
放映順に見るか、物語順に見るか悩んでしまうのだ
何度も見直せば言いという人もいるが
初見の感動はでかいので簡単には決め切れず
結局見たときには7作目が出てしまった

結論からいうと物語順で見たのだが
すごいいい順番だったかと思う
見る前は3を見た後に4を見ると
映像技術的にかなり厳しいのかと思ったが
別にそんなこともなく今4を見ても十分見れるレベルの映像だった
これから見る人がいれば是非この順番をお勧めする
この順番でみるとラストシーンの感動が非常に大きくなる

ちなみにスターウォーズをすべてみた感想として
非常にすばらしい作品なのではあるのだが
人にその内容を伝えるのが非常に難しい作品で
ストーリーを説明すると、一作品一言二言で終わってしまう
そしてほめるべきところも、全体的に派手な映像、爽快なテンポ、演出
こういったものがメインのため
正直この面白さは言葉では伝えられず、見てもらうのが一番早い

私も過去色々な人から進められたが
その時も具体的にスターウォーズの魅力を具体的には伝えられなかった

私も具体的に伝えられないですが
最後に各作品のネタバレストーリー説明を
以下ネタバレのため注意を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


奴隷の子供アナキンが偉いの騎士になる


アナキンが騎士として成長するなかで親が死ぬ

3
アナキンが道を踏み外して悪の道におちて師匠に罰せられるが帝国として宇宙を支配する

4
ルークが反乱軍を手助けし帝国軍と戦う

5
ルークが騎士として修行し再度帝国と戦うが敵の幹部アナキンが自分の父親と知る

6
帝国を倒して宇宙は平和に

ちなみにこのネタバレをしても関係なく楽しめる作品です。