公明党というえば創価学会を支持母体にして政治団体である
ある程度以上の年齢の方であれば常識でありますが
若い方ですとそのことを知らない人も多いかと思います
そこに漬け込んで創価学会のかたは
学生などを使って選挙運動をよくやっている

政宗分離といって一方的に公明党を否定するつもりはないが
はっきり言って創価学会の人間があほみたいに声をかけてくるのが
非常にむかつくので公明党が嫌いだ、
そもそも公明党は出馬数自体少なく野党でずっといようとするのが嫌いだ
世間的に見ても創価学会以外の人間は公明党を嫌っている人が非常に多いが
文句を言っているばかりで具体的にそれをとめようとしてる人は少ない
なので自分はそれをとめるためにひとつ記事を書いてみようと思う

ここでよくこういったことをするときに創価学会の人を論破するような内容を書く人が多いが
それはあまりうまいやり方ではない
なぜなら、創価学会の人たちは人の話を一切きこうとしないからだ
公明党にとってどんな不利な話をしたとしても
まったく聞かずに彼らの反論を一方的に話してくることだ
また、彼らは基本的に一人で動かず、
多対1で動いているので数の暴力にもまともにいけばかなり苦戦するだろう
そもそも一人論破したところで、そんなことにはあまり意味がない

では具体的にどうすればいいかというと
結論から言うと投票率を上げればいいのだ
公明党は選挙活動を行ってるとはいっても
実際に投票している大半は創価学会員がほとんどで
得票数は一定数となっている
それに対して現在日本の投票率は非常に下がっている
つまり、相対的に公明党に有利な状況なわけだ
例えば公明党が常に10%の得票率があるところで
全体の投票率が50%であれば
1/5、つまり20%の得票率が約束されているが
仮に投票率が805であれば
1/8,つまり12.5%まで得票率を下げることが出来るのだ

これはそんなに難しい話でなく
周りで投票していない人がいればこの話をすればいいのだ
目的の党を受からすのは大変だが
目的の党を落とすにはとにかく乱戦にすればいいのだ

公明党はあきらかに学会員の数から逆算して出馬数を決めているので
投票率が高まることによって簡単に議席数を減らすことができるのだ
天気が悪くなると投票率が下がるため
選挙当日に天気が悪くなることを祈っているぐらいだ

ちなみに、昔私が創価学会の人と交友が会ったときには
選挙前後になると電話がやたらかかってきて
選挙日当日には拉致同然に選挙会場までに連れて行ってくれる
勿論、実際投票用紙を書くときに隣にはいられないので
そのときは別の組織名をかくわけだが
そもそも、その用に絡んできて公明党に対していい印象を抱くと思うのだろうか
頭でも書いたように、別に公明党の政治施策にたいして特別嫌悪はない
基本的には貧乏人のための政治でなので公共設備に投資したり
増税などの際に文句をいったりけちをつける
例えば今度の増税に対して部分的に対象をはずすようにも色々働きかけている
それ限定にかんしてはめんどくさいことするなーと思うが
全否定するほどではない
ただ、学会員の非常に不愉快な選挙活動に関して憤慨しており
彼らがむかつくので、絶対に投票したくないというのが本音である

最後にあらためて
公明党を引き摺り下ろしたかったら、投票しに行け