中年童貞 桜壱バーゲン

本日は表題の漫画レビューです。

漫画の内容簡単に説明すると中村淳彦さんによる
現代社会の闇に切り込んだルポ漫画です。
その扱っているテーマはタイトルの通り
中年でも性経験のない中年童貞について扱っています。
中村さんが過去に取材した様々な童貞について淡々と描かれています。

私の感想を書く前に、この作品のAmamzonでのレビューについて触れてみたい
ほとんどのレビューがこの作品を不快に思っているという内容だった
本作品は中年童貞を誇張して記載し馬鹿にしていると怒るか
もしくはフィクションとして笑っている人
内容を信じているとしても、他人事して笑っている
もしくは過去に中年童貞から被害を受けてしみじみ実感している人たち
ほとんどがそんな感想だった

私のそれら全てと異なる感想だった
まず前提として幸いなことに私は中年童貞ではない
だが、おそらく人生の歯車がほんのわずかにずれただけで
この漫画に出てくる中年童貞になってしまっただろう
見ていて彼らに非常に共感できた

出てくる人物たちは普通の人たちから見れば
非常に不快で出てくる人たちの気持ちがわからないだろう
何の努力もしていないように見える人もいるだろう
なんでそんなに人が不快に思うように動くか理解できない人もいるだろう
そんなことは、周りから見ているから言えるのだ
本人はおそらく本人なりに努力している
なぜ自分が女性にもてないのか、女性はなぜ自分を理解してくれないのか
全く理解ができないから、どんな努力をしていいのかわからないのだ

小さい頃偶然か、家庭環境か、それとも見た目か、ADHDのせいかわからないが
幼少のころより女性に縁がなく嫌われていた人間には
女性と付き合っていくことが全く理解できないのだ
この中年童貞に出てくる人にある共通点があるのだがわかるだろうか
それは友達がいないのだ

まず第一に女性の友達がいない
女性と付き合いなれていないから口説くことはおろか
その目標に対してどのような努力をしていいのかわからない
女性の友達がいなかったとしても
女性友達の多い友人がいること
これがいれば、間接的でも女性の心理を考えることができる
そういったチャンスもなく生きてきた彼らを責めることができるだろうか
皆そういった組み合わせがずれていれば同じようになっていたのではないだろうか

私は出てくる中年童貞の気持ちが非常によくわかる
同じような経験もたくさんした、同じような心理状態にもなった
だが、わずかなきっかけとわずかな幸運があったため
同じような結果にはならなかった
これはルポ漫画だから解決策を提示することが目的ではない
本当に問題点だけを浮き彫りにさせるだけの作品だ
だから、悲しい現状をみせておしまいである

だが読んだ人たちは違うはずだ、これを読んだ後に動き出すことができる
何も彼らにSEXさせてやってほしいとはいわない
だが、もし彼らと出会うことができたら
わずかなチャンスをあげてほしい
彼女をつくるヒントあげてほしい
彼らの頭にはきっかけを作る方法も思いついていない
どんな努力をしていいのか全く分からない
ほんのアイディアだけでも与えてほしい
中年童貞と馬鹿にしないでほしい

昔見たアニメ

すごい昔に見たアニメでこんな話があった

何でも屋をやっている主人公のもとにある客が現れる
100万円を持ってきてこのお金を今日中に使い切ってくださいと依頼してくる
不思議な相談だが主人公は依頼とあればということで承諾する。

その後主人公のいない、サブメンバーだけの事務所に同じ男が再び現れる
そして同じく100万円を持ってきて100万円を今日中に倍にしてほしいと依頼する
これに対してサブメンバーも依頼を受けることになる。

さてその後いろいろあって主人公は100万円が倍になってしまい
サブメンバーは100万円を使い切ってしまう。
そしてそのことを依頼人に謝るのだが
依頼人は実は双子で二人いてそれぞれが逆に話をしてしまい、めでたしで話が終わるのだが

二人がなんでこんな馬関な依頼をしたのかは一切説明がない
いきなり100万円使ってもらうのも頭がおかしいし
100万円を倍にしてほしいと依頼するのも気違いじみている
いくらなんでもめちゃくちゃすぎるだろ

ちなみに作品は藤子不二雄のビリケンでした

決まったメニュー

私は夕食を除いていつも同じメニューを食べている
完全に同じというわけではないが
例えば朝は何かのパンと牛乳
昼は何かのおにぎりと何かのスープ
飲み会の次の日は必ずラーメン
土日の朝ご飯はサンドイッチといったように
基本的にいつも同じメニューを食べている
周りの方からはこれが意外なようで
いっつも同じ物食べてるねと周りから笑われたり
逆にストイックに食事制限しているねと感心されたりする

なんでこんなことをしているのかというと、笑われる理由なのだが

答えはいたってシンプルで優柔不断で食べるものがすぐ決められないので
あらかじめ決めておいてその通り食べているのだ
流石に夕食は決め打ちだと味気ないので
その時々で食べたいものを食べに行くのだが
2時間繁華街をさまよった挙句に
最後にマックを食べいるような時もある
それぐらい食事を決めることができないのだ

こないだ自閉症の人がいつも同じ行動をしないとパニックになるみたいな話をきいて
もしかしたら彼らも決められないだけではないかと思ってしまった

集う店

最近引っ越しをしまして、今近所で新しい店を開拓しています。

あえて口コミサイトを見ずに門構えだけで選んで突然店にはいる
下町に住んでいるせいもあるのだが

結構な確率で地元住民の顔見知りで集まって話している

ひどいときになると店の席数が8席程度で7席知り合いで固まっている
そういった中に入り込むと明らかに店に入った瞬間に
「こいつなんだ?」といった視線が集まってくる

こちらからすれば初めて入る店なので
作法も何もわからないので
適当に頼み適当に食べる
そんな中で常連たちはほとんど食べずにだいたい飲んでいる人が多い
私の性格上逆に店の人と仲良くしたり他の常連と絡むのが非常に嫌いだ
自分が接客をしているときに変になれなれしいのが絡んでくると
鬱陶しい、家でやることないのかとしか思わなかった

それに対してよくわからない人たちが群れてずっと飲んでいるのを見ると不思議な気持ちになる

家族単位で集まっているのをみると
元々地元のつながりで集まっているのかと想像できるが
時として年齢、性別全くバラバラのときもあるので本当に不思議だ

ただ、私もそういった店に色々入っていくうちに
いずれそういった輪の中に入る日が来るのかもしれない

ホリィと仗助は波紋が使えるか?

唐突だがJOJOの話を

第二部の主人公ジョセフジョースターは祖父ジョナサンジョースターの血筋を受け継ぎ
生まれながらに波紋の才能を持っていた

では第三部に出てくるジョセフの娘ホリィ

第四部に出てくる同じくジョセフの息子仗助

この二人は波紋の才能を受け継いでいたかいなかったか

これを答えられる人はほとんどいないはずだ
だが、作品中の描写と作者のインタビューにより
この答えは明確に答えられる

さてその答えは

ホリィは波紋の才能を継いだが
仗助は波紋の才能を継いでいない

何故このような答えになるのか
ヒントは二人のスタンドの形状にある
仗助は一般的に有名なクレージーダイヤモンド人型のスタンドである

対してホリィはハーミットパープルに似た茨の形状をしたスタンド
答えは茨の形状にある

作者荒木先生のインタビューによると
ジョセフのスタンドの形状を茨にした理由は
波紋を可視化すると茨の形状になるために
ハーミットパープルの形状を茨にしたとジョジョニウムのあとがきに記載がある

 

 

つまり茨型のスタンドのホリィは波紋が使え

対して人型のスタンドの仗助は波紋が使えないのである。

DIOの呪縛から逃れたホリィはどんなスタンド能力目覚めたのか
私の予想は回復系

ジョセフの子供はみんな癒し系

食べ放題

若いころは食べ放題が好きだったが、あまり当時の店舗自体が少なかった
最近は昔に比べると食べ放題の店が多くなったが年齢的にはあまり食べられなくなったので

そこまで好きではなくなった

食べ放題というとよくいるのが元を取ろうとする人
そういう人はだいたい高いものをばかリを狙って食べようとする

そうまでして食べ放題に行きたいのだろうか

そもそも食べ放題で元を取ろうとするときに
同じものばかり食べる時点ですでに損をしているのだ

当たり前の話だが世の中基本的にボリュームディスカウント
大量に買えば買うほど安くなるのだ

同じ料理を頼む時でも、大盛はは割安だし
ミニサイズは割高になっている

また通常の店で注文することを想定しても
色々なものを食べようとすると
各1人前づつ頼むことになり非常にたかくつく

なので食べ放題の店に行ったときは
色々な商品を少しづつ食べたほうがコストパフォーマンスが高いのだ

ただ、最近は少しずつ食べていっても全品を食べる前に満腹になってしまう
無理して食べて気持ち悪くなったら
それこそ満足度が下がるので
本当に食べ放題の店は扱いが難しい

がんばりすぎない

ボクシングの元世界チャンピョンである輪島功一さん
彼は非常に大きい成功を収めただけあって発言に説得力がある
そんな彼が以前にテレビでしていたチャンピョンになるタイプの人間考察が
非常に面白く、今でも心に残っている話がある

 

チャンピョンになる才能がある人というのは
言われた通りの練習しかしない人のほうがむいている
言われたこと以上にやろうとする人むいていない
言われてこと以上にやろうとする人は
最初しばらくは続くのだが
しばらくすると必ず辛くなって続かなくなる
それで結局やらなければいけないこともできなくなる

 

この話を聞いて非常に感心した
確かに3日坊主の人ほど最初の意気込みや思いが強く
非常に色々やろうとする
対して最終的に続いている人間というのは
今やるべきことだけを確実にこなしている人だ

 

ちなみに、この話をすると努力が大事でないと勘違いする人がいるが

実際にはやるべきこと、目標をしっかり定めそれに対して
しっかりやりきることが大事だというメッセージであると理解してほしい

 

これに近い話で、輪島さんはボクシングの減量にたいして
辛すぎる減量をするなら、減量しなくても勝てるように努力するべきだと

大きい成功を収めるには明確かつ有効な目標と手段を用いることが

非常に大事であると改めて認識させられる

 

ちなみにボクシングの減量を頑張らなければいけない理由のひとつは

人気のある階級に選手が集まってしまうため
人気のない階級でいくら強くてもビジネスにならないため
人気の階級に体重を合わせることが多いそうです。

キン肉マン

本日はマンガのレビューではありません。
マンガをあまり読まない人でも名前ぐらいは聞いたことがあるともいます。
80年代に大流行し現在でもその続編が連載を続けており
幅広く愛されているマンガとなります。
私も非常に大好きで今でも愛読しています。
なぜこんなにキン肉マンが愛されているか
様々な理由がありますが
その一番はキン肉マン自身のキャラクターだと私は考えます。

当時流行していた漫画、北斗の拳、DORAGONBOLL
銀牙、魁!!男塾、聖闘士星矢等
どれも主人公は強く、勇気があり、愛されるみんなのヒーローでした
そんな中でキン肉マンは弱く、臆病でみんなから嫌われていた落ちこぼれでした
皆強いものにあこがれる気持ちはありますが
そんなに強い人ばかりではありません
むしろマンガを読んでいた多くの人は
弱く臆病で人気もないそんなキン肉マンであったと思います
そんなキン肉マンが友達のためにがんばって強くなっていく
そして強くなっても臆病な気持ちは消えず
弱いけれどもがんばっていく、そんなキャラクターを見ていて
自然と応援して逆に現実の自分も応援してもらえる
そんなところがこの作品が今でも愛されている理由なのだと思います

私も弱い少年からおっさんになりましたが
弱い気持ちは今でも残っています
それでもキン肉マンのようなヒーロー追いかけて今日もがんばっています。

 

質の悪い居酒屋

繁華街で居酒屋を探していて客引きについていくとだいたいろくでもない居酒屋に通される
席はキツキツ、料理はおいしくない、定員の愛想は悪い
ただ、入り口の体裁だけきれいになっている
そしてすぐ帰ることも許さないように一人一品、二品を強制される
飲み放題を頼んではいると、飲み物は全くでてこない

そして面白いことにだいたいこういった店は食べログで評価が高い
おそらくやくざか何かが運営しているのではと思うほどたちが悪い

ただ、若いころはこんな居酒屋でも満足していた
そして年を重ねるごとにこういった店にはいかなくなり
レーダーが働くようになったり
行く必要がないように自分の行きつけの店ができている
どの世界もたちの悪い会社があるもので
失敗をつい重ねてしかこれを見極めることはできないと
ある程度年数がたってから理解できた
若いころの苦労は勝手でもしろ
失敗は成功の母
年をとってもチャレンジは続けていきたいものだ

仕事

子供の頃、大人が仕事といって具体的に何をやっているのか不思議だった
大学生で就職活動しているときも不思議でしょうがなかった
なので就職面接してるときも
何をやるのかもさっぱりわからないのに
何をアピールしていいのかが不思議でしょうがなかった

大人になってみて実際に仕事してみると
自分のやっている仕事を人に具体的に説明するのは難しいものだ
しかし仕事の本質というものは三つに分けることができるのではと思える
「決まったルーティーンをこなす」「調整をする」「人にお願いをする」
これが仕事の全てであると思える

・決まったルーティーンの仕事
ある程度の組織でやっている仕事言うものは
既に前任者達が仕事の基本を作っているので
後から入ってくる社員はそのルールに従ってこなすのが基本だ
なのでこの能力ある人間というのは一般的に勉強ができる人
そして一般的に複雑な仕事ほど給料が高いことが多い

・調整をする
人間のやることですから上記の仕事が以下に複雑になっても完璧になることはありません
そのためルール外のことを調整する必要があります
これができる能力は基本的に機転が利く人です
なんでも器用にこなすタイプが優れています

・人にお願いする
会社でやる仕事言うものは一人で完結する仕事のほうが少ないです
基本的にはチームで作業することになります
上記の微調整をする場合にも、自分が調整をすれば
他の工程をする人に影響がでてきます。
そして他の人お願いをすることがでてきます。
そしてお願いの範囲は自分の会社にとどまらず
他の会社にも調整は発生します
極端なケースはお客様から仕事をもらう、クレームを収めるなど
これは営業職じゃないから、クレーム担当になるつもりはないから
まったく関係ないと思う人もいるかもしれませんが
どんな職であれお客さん、もしくは依頼者がいるので
かならず調整ごとが発生します。
これに向いている能力は一般的にいうコミュ力です。

つまり会社が求めている人材は
学歴が高く、機転がきいて、コミュ力がある人です
そしてこのうちひとつだけの人は基本的に必要とされません
基本的にはバランスよく能力がある人が求められます。

学生時代の自分にこのブログを読ませたいですね

百円の恋

本日は映画のレビューです

安藤サクラさん主演の邦画です。
ストーリーはニート同然だった主人公の女性が
姉妹のでもどりをきっかけに一人暮らしをスタートさせます
生活をさせるために100円ショップでバイトをし
そこでボクサーと出会い、恋をして、恋に破れ
そしてそれをきっかけにボクシングを始めるという話しです。
大雑把に言うと底辺の女性が這い上がっていこうとする話しです。

登場人物の演技が全員レベルが高く脚本もよく非常にレベルの高い映画でした
ラストシーンはかなり感動的でした

 

既に結構ありますがここから先はネタバレ気にせず書いていきますので
ネタバレがいやな方はここで帰ってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番の見所ですがやはりラストシーンです
途中、主人公一子には様々な苦難が降りかかります
恋人にふられ、強姦され、仕事環境のバイトもろくでもない
ずっとフラストレーションがたまり続けます
映画を見ている人間もラスまでに向かってどんどんフラストレーションがたまっていきます
そんな中ラストの一子のデビュー戦に向けて
一子はひたすらにボクシングに向けていきます。

ちなみにこの映画で実際に主演の安藤サクラさんはラストシーンに向けて
相当絞り込んだそうです
見終わった後に思わずオープニングシーンを見直しましたが
同じ人間かというぐらい体系が異なっていました
鈴木良平さん、ロバートデニーロさんを想像するぐらい非常に優秀な女優さんと感じました

話しがそれましたがラストのボクシングの試合結局負けてしまい
一人ボクシング会場をでる一子そこで
恋人が待ちかまえており一子は本音を吐露します
「勝ちたかった、一度くらい勝ちたかった」
泣きながらずっとそう叫び続けます

このシーンに心打たれた方はたくさんいたでしょう
自分に置き換えて人性で勝った経験がある人というのは少ないのではないでしょうか
極端な話し、同い年の人で一斉にマラソンをやれば
単純計算7割の人は結果に満足するのではないでしょう
ただ、そんな機会はないし
実際に日々生きていく中で個人で何かの結果が出続けることは少ないですし
勝ち負けという単純な結果がでることは少ないでしょう
更に勝ち負けが出るといっても
単純に1位になる人はほとんどおらず
勝利の余韻に浸れる人は本当にわずかだと思います
そういった中で、改めて価値にこだわり何かに挑む人が少ない中で
主人公の一子はボクシングという勝負の世界に飛び込みます
そしてその結果負けてしまいました
その中で
「一度くらい勝ちたかった」
という台詞を叫びます。
この台詞を聞いた人の中で
自分は勝ってるから関係ないといえる人はどれぐらいいるでしょうか
ほとんどいないでしょう

私はこのラストシーンを聞いたときに
長いことでまったく勝っていないなと思いました
というより大人になってから勝負事で勝った経験がほとんどない
簡単なゲームぐらいではありますが
自分が必死に挑戦して、勝ったと思えることになるともうまったくありません

そこで更におもったのは勝つことより
本気でチャレンジすること事態がほとんどない
日々だらだらとすごし、本気でチャレンジしたと思えることはほとんどない

最近本気になっていない人ほど見てほしい映画です

ただ、今いる自分のポジションはもしかすると他の誰かから奪ったポジションなのかもしれません
自分が勝利者かどうかはわからないだけでもしかしたら本当は多くの人は勝利者かもしれません

最後は?ストレート!! 寒川一之

本日はマンガのレビューです

以前にサンデーで連載していた野球マンガです。

ストーリーは天才育成で有名な千石学園で才能が芽生えない主人公が
野球に挑戦し成長していく野球マンガです。

このマンガでは通常の野球マンガに比べてかなり才能重視で物語が進んでいきます。
テニスの天才、柔道の天才、フィギュアスケートの天才などが
主力メンバーで色物系の野球マンガ見たいにも進んでいきますが
野球理論はかなり真剣に扱っており
本格野球マンガと色物野球マンガの中間に存在しているようなイメージです。

全20巻とかなり長編のマンガで野球だけでなく
キャラクターも魅力的で色々と楽しむことができます。

オーソドックスなマンガが好きな方にお勧めの野球マンガです。

馬耳東風

口げんかの強い人というのがいる
最近気が付いたのだが口喧嘩が強い人は
具体的に何が優れているか
思考力、声の大きさ、カツゼツ
そういったものではありません

正解は人の話を一切聞かないことです
一般的に口げんかで強い人というのは人の話を一切聞きません
普通の人はある程度人の話というものをききます
自己主張があっても人間関係があるので
変なことはしません
ただし口げんかの強い人というのは
それを一切気にせず自分の主張だけを一方的に話し続けます

つまり口げんかで強い人というのは
間違いなく性格に問題がある人です
もし口げんかで負けたときにはそんなに気にする必要はありません
むしろあなたはまともな人です
逆に口げんかでかった人
あなたはその口げんかで勝った分色々失っています。
それに気がつけないことが問題です。

マスク

ここ数年でマスクをする若者が増えている
アレルギー体質の人が増えてきているということもあるのだが
実際にしている人の多くは口元を隠すためにしているようである
一般的に脳内の補正効果で
マスクをつけていたほうが、つけていないより
美人、イケメンに見える効果があるそうだ

面白いもので街中だけでなく、ネット動画では多くの人がマスクをつけている
本来ネット動画のようなものであれば
顔を隠すよりみんなに顔を出して覚えていなければいけないのに
雰囲気だけでもイケメン、美人に見てもらえるようにと
皆マスクをつけているようである
本末転倒のような気もするが
そういった効果もあり、若者ではマスクをつける人が増えているそうだ

そんな中以前に街角で顔中傷だらけの人を見た
かなりひどい症状であったようで思わず顔を背けたくなるほどだった
しかし彼は特別包帯をするでもなく、顔を隠すようなことは何もしていなかった
逆に彼は何かを隠したほうがいいと思うのだが
世の中特に隠す必要がない人が顔を隠し
顔を隠すことを進める人が隠していない
生きていいく中でそのように判断していったのだろうが

好きにすればいいといえばそれまでだが
今の若い人には思い切って顔を出して旨を張って生きてほしいと思う

チャレンジ

先日ある本を読んだ
内容はブログのPVを挙げるコツをかいてあった本だ
長々ああでもない、こうでもないと書いてあったのだが
その中に一個面白いことが書いてあり
まずPVを伸ばしたいならとにかく3ヶ月毎日更新をするべきだと
読んでなるほどと思った
どんな業界もそうであるが
まず結果を出そうと思ったら
とりあえず最低限しなければ行けない努力がある
スポーツ選手であれば、いくらテクニックや才能があっても
最低限の筋力がなければそれを発揮することができない

ブログであれば、どんなに面白い内容が合っても
それを表現する文章力、検索に引っかかりやすくするために
ブログ内の文章量が求められてくる
という結果を出すために3ヶ月毎日更新
実は先日達成していました
とりあえず本日も含め95記事毎日更新に成功いたしました
2,3日めちゃくちゃ適当に更新はしましたが
それでもとりあえず目標を達成することができました
どんなことであれば目標を達成するのは気持ちのいいものです

ちなみに読んだ本では3ヶ月毎日更新すれば月間1万PVが達成すると書いてあったのですが
実際には現時点でgoogleツール調べでは3,000PV程度です・・・・・
使うツールによっては30,000PV程度あるのですが
チャレンジ前と比べてPVの変化はそこまでなかったです・・・・
とはいえこれをやったことにより、今までこのサイトを見ていなかった人も来るようになったので
これからもほどほどの頻度では更新できるようにチャレンジしていきます。

今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。